未分類

債務整理と任意整理の違いとは

「債務整理と任意整理の違いは何だろう」という疑問をお持ちではありませんか。
似た雰囲気の言葉であるため、違いが分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこで債務整理と任意整理の違いについて簡単に紹介します。
借金問題の解決を考えているのなら、ぜひ参考にチェックしてみてくださいね。

債務整理と任意整理の違い

債務整理とは、借金問題を法的に解決する手段である「任意整理・個人再生・自己破産」の総称です。
つまり任意整理は債務整理の1つということになります。
同じ意味あいで使われることもあるのですが、基本的に意味は別です。

任意整理の特徴

裁判所を介さずに債権者と話し合いで債務の整理を行う債務整理の方法が、任意整理です。
任意整理をすると、引き直し計算で減額された元本を、毎月分割で返済していくことになります。
分割できる期間は3~5年となっており、負担を軽減した状態で完済までの返済が可能です。
月々の返済が必要になるため、任意整理をするなら安定した収入が必要となります。

任意整理のメリット・デメリット

家や車などの財産を残せて家族に知られるリスクも抑えられるのが、任意整理の大きなメリットです。
自己破産や特定調停とは違い、任意整理をしても官報に名前が載ることはありません。
ただし任意整理をしても利息のカットが出来ない場合があるというデメリットも存在します。

まとめ

債務整理には種類があり、借入残高や収入の有無などによってどれを選ぶべきかが違ってきます。
ベストな方法を選ぶためには、債務整理についての専門知識が必要不可欠です。
弁護士や司法書士などの専門家は、状況の調査やヒアリングをした上で、それぞれにとって適切な方法を提案してくれます。
債務整理を検討しているのであれば、まずは専門家にどうしたら良いか相談してみてくださいね。

債務整理について気になる方は、コチラの記事をどうぞ。

債務整理とはどのようなもの?新聞広告やテレビCMで見かける機会の多い「債務整理」とは、どのようなものなのでしょうか。 借金関連の言葉だとは把握していても、具体的な...